日課表
デイリープランの目的と効果

  • 当日の行動予定を毎日記入・チェックします。仕事のやり残し・心配がなくなります。
  • マンスリープランからスケジュールを、活動チェックリストから当日完了する仕事、及び継続すべき行動を記入することにより、当日の全体像がわかります。    
デイリープランの記入例
デイリープランの記入法
  1. Schedule欄にはすでに決まっている予定をマンスリープランから転記します。
  2. Schedule欄には重要な仕事は出来る限り午前中にしましょう。頭脳の能力曲線は午前中にピーク(11:30頃)を迎えます。
  3. Todays focus欄には本日集中すべき仕事を記入します。
  4. Activities欄には活動チェックリストから当日完了する活動、及び継続すべき優先順位の高いものから記入します。
  5. Contact欄には当日コンタクトすべき先をリストアップします。

デイリープランの記入法

各ページの欄外に以下の表記があります。

Wednesday 水 7 Week2 7/359 January 2004

これは、2004年1月7日(水曜日)は2004年の第二週目で、2004年に使用した日は7日で残っている日数は359日を意味します。言い換えれば、「2004年に目標達成しなければならない業務には休日も含め359日ですよ!」と毎日暗示しているのです。



ページトップ