Time/system

ビジネス/プライベートに時間の有効活用を!!!
最強のパートナー:タイムシステム

site in. TEL:03-5779-6525
商品のご案内
2018年版年間ダイアリー
新規ご使用の方に
新規ご使用の方に
A5ビジネスサイズ
ダイアリー
スターターキット
システム手帳全セット
リムーバブルダイアリー
(ポケットサイズ)
月別デイリープランセット
四半期別デイリープラン
セット
リフィル
主要リフィル案内
バインダー
ホールパンチ&ペンシル
コンパクトサイズ
ダイアリー
スターターキット
リフィル
バインダー
ペンシル
パートナーサイズ
ダイアリー
リフィル
バインダー
会議関連商品
革製ホルダー
会議用各種ノートブック
A4 A5 A6サイズ
A4・A5サイズ
会議用ホルダー
カバン・財布・革製小物・オフィス用品関連
カバン・財布・
革製小物関連
筆記用具
筆記用具
トップページ > お客様の声
お客さまの声
タイムシステムをご利用の皆さまの声を、ほんの一部ですがご紹介いたします。

A5サイズ
私はA5サイズのシステム手帳が好きです。
人それぞれの状況と、好みがあると思いますが、私がA5サイズのシステム手帳が好きな理由は、以下の通りです。

(1)PDAより入力(書き込み)が早い
(2)PDA・バイブルサイズより紙面が大きい
(3)書類との親和性(縮小コピーで綴じ込める)
(4)重いけど,持ち歩けるギリギリのサイズ

PDAもWorkPadを一時期使っていました。PDAの利点は次のようなことがあると思います。

(1)軽い
(2)打ち合わせに出掛ける時間等をアラームで知らせてくれる
(3)スケジュールは一回入力すれば,月間・週間・日とあらゆる単位で確認可能
(4)どこに書いたか忘れたメモを検索する時は強力
(5)パソコン・PDAの両方で入力してのシンクロ
(6)メールとの親和性

やめた理由としては、
(1)紙のメモにかなう入力スピードはPDAには期待できない
(2)長く使っていると,ペンタッチの精度が落ちてきた
(3)画面が小さい
といったところが、大きいです。

(男性)

ひとつの方法論
コンパクトサイズを購入しました。ところが使い方が分からず、一時途方に暮れてしまいました。色々試行錯誤の結果、段々と理解できてきたように思います。
キーワードは「Activity」という言葉でした。これは、「モデリング」の応用ではないかと見当を付けて試行錯誤してみると、これがなかなかいい具合にやり方がなじんできました。
モデリングについては、@ITの記事「連載・モデリング修行 入門編」で勉強しました(^_^; 
モデリングは目的に応じる部分だけをモデルとして表現します。やらなくてはならない事を核心部分だけにそぎ落とし、Activityとして項目列記。これに優先順位を振る。
モデリングの極意は、抽象化と可視化。
一覧性を得て、しかも長期・中・短期とリフィルを並べて、転記していきます。
モデリングは工程の記述はしませんので、転記してゆく際に、頭の中で工程を選択決定。依頼先を決めたり、Activityをまた分割したりして転記していきます。
すべての工程(ミニ仕様書作り)は頭の中で行い、結果のみ手帳に転記していきます。
転記された最終Activityのみ、計画通り実行して行けばいい訳です。
・・Time/systemを受け取って3週間。使い方をこのように理解しましたが、私の方法が正解だとは思っていません。使用法の一つだと思います。参考にしていただければありがたいです。
(男性)

セルフマネジメント
タイムシステムを使い始めて10年になります。
WEB製作会社に勤めており、きっかけは「何で帰りがいつも遅くなるのだろう。」
という疑問でした。WEB製作の現場では製作工程が下に流れるほど製作スケジュールが短くなる傾向にあり、単なるスケジュール管理ツールとしてのシステム手帳では意味が無いことが分かりました。
セルフマネージメントできるタイムシステムこそ本当のシステム手帳だと思います。
今日一日どう動いたのか、何時間かけたのか、仕事の優先順位は、部下との仕事の分担は、時間のロスは、やり繰りはうまくいったか、等後で見直しのできる点が機能として優れていると思います。
(36歳 男性 ITコンサルティング関連)

活動チェックリスト
タイムシステムの活動チェックリストを愛用しています。大変優れた機能が満載で、未処理の仕事というか、やらなければいけない仕事の整理には大いに役に立っています。依然受講したタイムシステムのセミナーで仕事の棚卸とか何とか言っていました。
又、他人(特に部下)との共同での仕事の場合には、デリゲーション(仕事の委譲)の機能がかなり具体的でしかも効果的で、お互い仕事の分担や、期日も明確で仕事の遣り残しがなくなり、切迫感や圧迫感によるストレスから開放されること請け合いです。
皆さんも一度試してみてください。かなりお薦めのリフィルです。
(42歳 男性 商社勤務)

リフィルのOK欄を活用しています
タイムシステムの様々なリフィルには、ほとんどOK欄が付いてるので大変重宝しています。
非常に単純なことですが、OK欄にチェックが入っていなければ未処理ということが一目瞭然に分かり、毎朝それを確認すれば仕事の忘れもなく、ちょっとしたことで仕事のやり方が改善できるものだと実感しています。ただ何種類かのリフィルでばらばらスケジュールを管理すると見落としが出てきてしまうので、ちょっと手間でも必ず当日のデイリープランに転記する手間を省いてはいけませんね。
(28歳 男性 金融関連)

新発売のリフィルについて
一昨年だと思いますが何種類か新しいリフィルが発売されましたが、その中で月別活動計画チェックリストは秀逸と感じています。他のリフィルもためしに使ってみましたが、僕にいわせれば自分の仕事が営業ということもあるのでしょうが、コンセプチュワルすぎるように感じました。
但し、月別活動チェックリストは仕事の進行状況の一覧が視覚でとらえられ(因み自分は各処理事項の開始日から完了日までの予定を仕事の種類に応じて何種類かのマーカーで色分けして表示しています)、その日の状況が一目で分かりケアレスミスがなくなりました。
面白いリフィルをどんどん発売してくれることを期待しています。
(37歳 男性)

管理職以上の社員が使っています
ヨーロッパの食品関連の日本法人勤務ですが、私の会社では英国本社も含め全世界の各法人の管理職以上はトップまで全員が会社の方針で使っています。全員が同じフォームでプランニングし、業務を管理し、進行状況をチェックすることにより価値観や情報をを共有できるという点において色々な人間がいるなか意思疎通がスムースに行われています。
タイムシステムの手帳は個人でも有効なのでしょうが、グループ使用の場合より効果的ではないかと思っています。会社の負担が増すのでなかなか難しい場合も多いのでしょうね。
但し、管理職全員にタイムシステムの手帳を使われた場合、その一般従業員は大変かもしれませんね。
(44歳 男性 食品・外資)

これ一冊で全てOK
仕事の関係で、外人の友人がいます。
ある日、ドイツの友人が「僕はこれ一冊で全てOKさ。」と言って紹介してくれたのがタイムシステムでした。使ってみると、スケジュール・仕事・情報などが一元管理でき大変役立っています。
以来、タイムシステムを使って約3年になりますが、ビジネスのコアが入っている為、なくさない様注意しています。
出張時には、PPT(パスポート・サイフ・チケット)をいつもチェックしていましたが、今ではPPTTになっています。
PCではデータ管理を、タイムシステムでは計画したり考えたり、特にデシジョンする時には欠かせません。


ページトップ
リムーバブルダイアリープレゼント
新規ご使用の方に
A5サイズスターターキットキャンペーン
A5サイズシステム手帳全セットキャンペーン
会議関連商品キャンペーン
今日から使えるMYキット
タイム/システムと電子機器
成功のためのビジネス手法大原則
買い物カゴを見る
FAX用注文書のダウンロード
タイムシステムお取扱店一覧
トピックス
タイムシステム関連書籍
主要リフィルのご案内
A5ビジネスサイズ・
アップグレード・パッケージ
タイムシステム
紹介プレゼンテーション
本サイトにある、フォームの内容はSSLにより暗号化されます。安心してご利用ください。